韓国情報サイト/K-PLAZA.com
マイページ おしゃべり掲示板
エリア グルメ 韓国ホテル予約 お買い物 スポット 韓国旅行の知識 韓国の生活・文化 韓国芸能情報 オンライン販売

スポット
古宮・遺跡地
博物館・記念館
テーマパーク
複合施設
公園
観劇・観戦
教会・寺院
板門店
その他のエリア
東大門市場
南大門市場
明洞
汝矣島
梨泰院
弘大
仁寺洞・鍾路
光化門・市庁
新村・梨大
狎鴎亭・清潭洞
蚕室・三成・江南
他のエリア

釜山イエローページ
済州島イエローページ
  ソウル > 観光スポット > 古宮・遺跡地
記事検索
徳寿宮は李朝最後の王宮
掲示板クチコミ掲示板へ
クイックジャンプ

 徳寿宮   写真集を見る
徳寿宮の正門、大漢門大都会のオアシス(?)的存在の古宮と言えば、徳寿宮(トクスグン)だろう。1590年に建てられた李朝最後の王宮だ。韓国の首都ソウルの市庁近くにある。韓国の数々の歴史の舞台となったことでも有名だ。
もともとは、朝鮮王朝の第9代王である成宗(ソンジョン)の兄の月山大君の私邸であったが、壬辰の乱(文禄。慶長の役)の後、1611年に慶雲宮(キョンウングン)と名称を変え、焼失した景福宮(キョンボックン)の代わりに7年間王宮として使用された。仁祖が即位し、王宮を昌徳宮(チャンドックン)に移してからその後の270年間は、別宮として使われた。日本に最後まで抵抗した高宗皇帝は、1907年強制退位させられてから亡くなる1919年までをここ徳寿宮(トクスグン)で過ごした。名称は皇帝の長寿を祈って徳寿宮(トクスグン)となった。
徳寿宮の主な建築物は、正殿の中和殿(チュンファジョン)、石造殿(ソクジョジョン)、大漢門(テハムン)だ。中和殿(チュンファジョン)は東洋の文化を、石造殿(ソクジョジョン)は韓国最古の建築物で、西洋文化を味わえ、独特な雰囲気を醸し出している作り出している。 徳寿宮の正門の大漢門(テハムン)前では、3月〜12月の毎週火曜日〜日曜日の午後14時から、王宮守門将交代式(ワングンスムンジャンギョデシク/守門将の交代儀式)が行われ、韓国国内はもちろん、海外からも多くの人が見物に訪れる。また、世界最古の水時計・漏刻なども見所だ。春先にはいろいろな花々がさらに王宮を美しく彩っている。
徳寿宮(トクスグン)も、他の古宮同様に、結婚式の野外撮影の場所としてもお馴染みである。

 徳寿宮の基本データ
住所 ソウル市特別市中区貞洞5−1
電話番号 02-771-9951〜2
掲示板交通 地下鉄1号線地下鉄2号線 市庁(シチョン)駅下車、1・2番出口から徒歩2分
バス:市庁、あるいは光化門で下車
観覧時間

夏期(3月〜10月): 09:00 〜 18:00
冬期(11月〜2月): 09:00 〜 17:30

休日 月曜日
入場料 19歳〜24歳: 500ウォン
25歳〜64歳: 1,000ウォン
18歳以下・65歳以上: 無料
ホームページ http://www.royalguard.co.kr/ (王宮守門将交代式)
周辺名所 南大門市場東大門市場明洞聖堂ソウルタワー貞洞劇場国立中央劇場
近隣ホテル ホテルロッテソフィテルアンバサダーホテルタワーホテル新羅ホテルウェスティン朝鮮ホテルソウルヒルトンホテルコリアナホテルプレジデントホテル世宗(セジョン)ホテル

TOPへ


景福宮昌徳宮昌慶宮徳寿宮宗廟慶熙宮
雲ヒョン宮崇礼門光化門

copyright (c) 1999-2003 K-PLAZA.com ALL rights reserved
当サイトについてへ 会社概要へ プレスリリースへ マスコミ掲載履歴へ 広告クライアント様ログインへ アフィリエイトパートナーログインへ お問い合わせへ 韓国コーディネイト、韓国ガイド相談へ