韓国情報サイト/K-PLAZA.com
マイページ おしゃべり掲示板
エリア グルメ 韓国ホテル予約 お買い物 スポット 韓国旅行の知識 韓国の生活・文化 韓国芸能情報 オンライン販売

スポット
古宮・遺跡地
博物館・記念館
テーマパーク
複合施設
公園
観劇・観戦
教会・寺院
板門店
その他のエリア
東大門市場
南大門市場
明洞
汝矣島
梨泰院
弘大
仁寺洞・鍾路
光化門・市庁
新村・梨大
狎鴎亭・清潭洞
蚕室・三成・江南
他のエリア

釜山イエローページ
済州島イエローページ
  ソウル > 観光スポット > 古宮・遺跡地
記事検索
昌慶宮(チャンギョングン)
掲示板クチコミ掲示板へ
クイックジャンプ

 昌慶宮    
いつも観光客でにぎわっている昌慶宮(チャンギョングン)は、1418年に第4代世宗大王(セジョンデワン)が建てたもの。父親であった先王の太宗(テジョン)のために離宮として建てた王宮で、最初は「寿康宮(スガングン)」と呼ばれていた。第9代王の成宗(ソンジョン)が当時の3人の皇后(元王の妃)のために宮殿を再建して、昌慶宮(チャンギョングン)と名を改めた。王宮としては3番目に古い。世宗大王(セジョンデワン)といえば、ハングル文字を創ったハングルの父として有名。
壬申の乱(文禄・慶長の役)でほとんどの建物が焼失してしまっているが、焼失を免れ、無事に残った明政殿(ミョンジョンジョン)は、南大門とともに現存する最古の木造建築として有名。正殿である明政殿(ミョンジョンジョン)は、通常の王宮の正殿は南を正面に造られているのに対し、正面が東に面しているのが特徴だ。東に位置する正門の弘化門(ホンファムン)も焼失を免れた。他の部分は現在復元されている。
毎年10月には、昌慶宮(チャンギョングン)で、「科挙試験再現行事」が行われる。韓国の伝統文化が体験できる機会なので、観光として訪れるには狙い時かもしれない。
他の古宮同様、結婚式の野外撮影の場所としてもお馴染みである。 場所は、昌徳宮(チャンドックン)の隣なので、ここを訪れる時には一緒に昌徳宮(チャンドックン)にも足を運ぶといいだろう。また、宗廟(チョンミョ)と昌慶宮を無料で往来できる陸橋もあるので、ぜひ宗廟(チョンミョ)にも足を運びたい。

 昌慶宮の基本データ
住所 ソウル市特別市鐘路区臥龍洞(ワリョンドン)2−1
電話番号 02-762-4868
掲示板交通 地下鉄4号線 恵化(フェファ)駅下車、4番出口から徒歩15分
地下鉄3号線 安国(アングク)駅下車、3番出口から徒歩20分
バス(一般バス): 2、5、6、8、20、84、205、710、34-1
バス(座席バス): 84、205-1
観覧時間 3月〜10月 (平日):9:00〜18:00(入場は17:00まで)
3月〜10月 (土日祝):9:00〜19:00(入場は18:00まで)
11月〜2月:9:00〜17:30(入場は16:30まで)
休日 火曜日
入場料 25歳 〜64歳:700ウォン
7歳 〜24歳:300ウォン
6歳以下、65歳以上:無料
入場チケットは、宗廟(チョンミョ)と共通
周辺名所 東大門市場仁寺洞黄鶴洞ノミの市曹渓寺昌徳宮宗廟雲ヒョン宮景福宮国立中央博物館国立民俗博物館、成均館大学

TOPへ


景福宮昌徳宮昌慶宮徳寿宮宗廟慶熙宮
雲ヒョン宮崇礼門光化門

copyright (c) 1999-2003 K-PLAZA.com ALL rights reserved
当サイトについてへ 会社概要へ プレスリリースへ マスコミ掲載履歴へ 広告クライアント様ログインへ アフィリエイトパートナーログインへ お問い合わせへ 韓国コーディネイト、韓国ガイド相談へ