韓国情報サイト/K-PLAZA.com
マイページ おしゃべり掲示板
エリア グルメ 韓国ホテル予約 お買い物 スポット 韓国旅行の知識 韓国の生活・文化 韓国芸能情報 オンライン販売

スポット
古宮・遺跡地
博物館・記念館
テーマパーク
複合施設
公園
観劇・観戦
教会・寺院
板門店
その他のエリア
東大門市場
南大門市場
明洞
汝矣島
梨泰院
弘大
仁寺洞・鍾路
光化門・市庁
新村・梨大
狎鴎亭・清潭洞
蚕室・三成・江南
他のエリア

釜山イエローページ
済州島イエローページ
  ソウル > 観光スポット > 博物館・記念館
記事検索
国立中央博物館
掲示板クチコミ掲示板へ
クイックジャンプ

 国立中央博物館    
国立中央博物館は、ソウルの中心部の鍾路区世宗路1街、景福宮(キョンボックン)の宮内に位置する。敷地は100、612uで、所蔵遺物は13万余点に至る。 18の常設展示室で、5、000余点の遺物を展示している。1908年9月、純宗(スンジョン)皇帝の時、朝鮮皇室博物館としてスタートし、1909年11月から一般人に公開された。その後、1938年3月、徳寿宮(トクスグン)の石造殿周辺に李王家の美術館を建立し、1945年に韓国の主権が回復された以後、徳寿宮(トクスグン)の美術館として存続されていたが、1969年5月に国立中央博物館に統合された。1950年の韓国戦争(朝鮮戦争)の時には、釜山に避難したが、1953年にソウルに還都してから、景福宮(キョンボックン)に移された。その後、1953年11月に徳寿宮(トクスグン)の石造殿に再び移転した。そして1972年に再度景福宮(キョンボックン)内に移転、1996年には現在の場所に移転し、開館する運びとなった。現在は、ソウル市竜山家族公園の近くに世界的なレベルの大規模博物館を新築中だ。

 国立中央博物館の基本データ
住所 ソウル特別市鍾路区世宗路1街
掲示板交通 地下鉄3号線 景福宮(キョンボックン)駅下車、4番・5番出口より徒歩5分
バス 光化門、世宗路一帯のバス停留所より徒歩5〜10分
休館日 元旦(1月1日)、月曜日
観覧時間 3〜10月/観覧時間:09:00〜18:00、入場時間:09:00〜17:00
11〜2月/観覧時間:09:00〜17:00、入場時間:09:00〜16:00
入場料 一般(25歳以上):700ウォン
7歳以上24歳未満:300ウォン
6歳以下:無料
※毎月 第一日曜日は入場料無料
ホームページ http://www.museum.go.kr/ (韓国語、英語、日本語、中国語)
周辺名所 国立中央博物館光化門国立民俗博物館東大門市場仁寺洞黄鶴洞ノミの市曹渓寺昌徳宮昌慶宮宗廟雲ヒョン宮

 国立中央博物館のフロアガイド
2階
先史室 旧石器、新石器、青銅器、初期鉄器時代の遺物
原三国室 紀元前後から西紀300年までの遺物
高句麗室 太王陵、双楹塚かた出土した遺物等、高句麗の遺物
百済室 夢村土城、武寧王陵、扶蘇山城などから出土した百済遺物
伽耶室
池山洞、福泉洞、玉田古墳から出土した伽耶遺物
新羅室
皇南大塚、金鈴塚から出土した金冠等三国時代の新羅遺物
統一新羅室
雁鴨池から出土した遺物及び統一新羅時代の遺物
1階
高麗磁器室
高麗時代の代表的な磁器である象嵌青磁等
粉青沙器室 朝鮮時代初期の代表的な陶磁器である粉青沙器
朝鮮白磁室
朝鮮時代の陶磁器の主流を成している白磁
舎廊房
朝鮮時代の家父長の居室である舎廊房の模型及び文房具類等
景福宮の模型
朝鮮時代の景福宮の原形模型と旧朝鮮総督府の建物がある当時の景福宮及びその周辺
地下1階
仏教彫刻室 金銅弥勒菩薩半跏像のほか、三国時代から朝鮮時代に至るまでの仏教彫刻品
金属工芸室
仏教用品及び装身具等金属工芸品
絵画室
朝鮮時代の絵画と書芸展示
歴史資料室
書籍、文書、地図、貨幣等、韓国の歴史研究に必要である遺物
水晶記念室
水晶 朴秉来先生の寄贈遺物として青華白磁が主流をなしている
東垣記念室
東垣 李洪根先生の寄贈遺物として高麗磁器、仏教工芸品、絵画等が展示されている
井内 功寄贈瓦摶室 日本人井内功先生の寄贈遺物として、瓦摶類が展示されている

TOPへ


国立中央博物館国立民族博物館国楽博物館独立記念館
戦争記念館西大門刑務所歴史館国立現代美術館

copyright (c) 1999-2003 K-PLAZA.com ALL rights reserved
当サイトについてへ 会社概要へ プレスリリースへ マスコミ掲載履歴へ 広告クライアント様ログインへ アフィリエイトパートナーログインへ お問い合わせへ 韓国コーディネイト、韓国ガイド相談へ