韓国情報サイト/K-PLAZA.com
マイページ おしゃべり掲示板
エリア グルメ 韓国ホテル予約 お買い物 スポット 韓国旅行の知識 韓国の生活・文化 韓国芸能情報 オンライン販売

スポット
古宮・遺跡地
博物館・記念館
テーマパーク
複合施設
公園
観劇・観戦
教会・寺院
板門店
その他のエリア
東大門市場
南大門市場
明洞
汝矣島
梨泰院
弘大
仁寺洞・鍾路
光化門・市庁
新村・梨大
狎鴎亭・清潭洞
蚕室・三成・江南
他のエリア

釜山イエローページ
済州島イエローページ
  ソウル > 観光スポット > 複合施設
記事検索

掲示板クチコミ掲示板へ 関連記事を読む

 明洞よさらば!!トレンドは江南    
COEXモール(コエックスモール)の写真ソウルの街は歩くのに一苦労する。なによりしんどいのは、駅や大きな通りでは地下道を延々と歩いて地上に出なければいけないこと。道の反対側に行くにもまず一度地下にもぐり、放射状になった地下通路のどれかを選んで、行きたい方向に出る。地下にもぐった時点で方向感覚が狂ってしまい思ってもみなかったところに出てしまったり、慣れない旅人にはつらい。しかもすべて急階段が多くエスカレーター施設も少ない。ちょっと考えてみれば歩くだけでも充分なダイエットになったりして。

現在のソウルは中央に流れるハンガン(漢江)をはさみ、旧繁華街地域の北と新興開発地域の南に分けられる。’88年のソウルオリンピック以後の韓国旅行ブームに乗り、「安い、近い、おいしい、キレイになる、治安よし」というイメージが定着し、20代、30代の女性を中心に若い日本人観光客がどっとおしよせている。

日韓の旅行会社の意図か、高級ホテルやデパートが集中する明洞(ミョンドン)が便利がよいということで、日本人のパック旅行は大概が明洞(ミョンドン)あたりの財閥系ホテルに泊まり、あたりを散策?徘徊?することになってしまった。そのおかげで「明洞(ミョンドン)は日本の植民地かよ」と現地の若者はとまどい、渡韓経験をつんだ韓国大好きフリークの日本人達からは、「明洞(ミョンドン)にいっても日本人ばかりで、なんで韓国にまできて日本人に会わなきゃいけないの?!」とこのところ明洞(ミョンドン)は敬遠されてきだしている。

‘80年ごろからソウル、漢江南部の開発がさかんになり、新興地域の江南(カンナム)へプレイスポットのトレンドが移ってきてきた。2002年、韓国通の日本の女の子たちの間では、江南(カンナム)地域の街歩きが「これからのおすすめスポットがいっぱいよ」とささやかれている。オープンカフェやブランドショップの多い、白銀か自由が丘をおもわせる、もともとは高級住宅街の清潭洞(チョンダムドン)や狎鴎亭洞(アックジョンドン)、シネシティ、夜もにぎやかなロデオ通り、高級ブディック、新しいコンセプトのおしゃれな居酒屋など、雑多な不夜城の新宿から洗練された六本木のように、ここ数年でイメージを変えた新沙洞(シンサドン)、アジア最大のショッピングモール&マルチスポット「COEXモール」のある便利な三成洞(サムソンドン)。地元の若い韓国の子たちに聞いてみても、「好んで遊ぶのはやっぱり江南かな」と答えが返ってくる。江南は国の経済的政策問題もあり開発がなにごともせっかちな韓国にしてはゆっくりと進み、遅かったせいで、よく整地され道幅もたっぷりと広く、駅の地下道を延々とあがったりおりたりという苦労も少なくない。

街を歩いてみると明洞や鐘路とは違った開放感に気づくはず。ぶらぶらと街歩きをするのなら、三成洞(サムソンドン)のインターコンチネンタルホテルあたり(インターコンチネンタルホテルは近所に2軒ある)に宿泊してCOEXモール散策が今一番のおすすめ。COEXモールには洋服やアクセサリー雑貨を中心におよそ200軒のお店が入っていて、韓国ブランドショップ、書店、CDショップ、フードコート、複合映画館、各種レストラン、水族館、キムチ博物館、インターネットのできるウェッブゾーンまであるので1日中いても退屈しないはずだ。

なかでも、水族館の魚たちを眺めながら食事のできる、シーフードレストラン「ディープブルー」はソウルっ子のデートスポットとして人気上昇中だ。水槽側の席は予約がないとなかなか席をとれない。入口は水族館とは別の入口があるので注意したい。

キムチ博物館では韓国が誇るキムチの歴史と文化にふれることができる。常備の3種類のキムチが試食できるのがうれしい。一流ブランドものを買うなら免税店SKMがあるのでご心配なく。COEXモールの待ち合わせに使われるヨーロッパ風の広場、ミレニアムプラザにはファーストフードショップがならんでいるので外の空気を吸うための休息にもってこいだ。

元気な人はCOEXモールあたりをぐるりとまわって現代百貨店や奉恩寺に足をはこんでも楽しい。COEXエリアには日本の箱崎のようにチェックインでき、リムジンバスの乗場のあるKCATもあるので帰国前にあわてないよう、場所を確認しておくと便利だ。歩き疲れたらグランド&COEXインターコンチネンタルホテルのエステサロンでフットマッサージをして、じんわりと旅の疲れをとるのもよいだろう。明洞(ミョンドン)しか知らないあなた、ぜひ江南を冒険してみよう。

 COEXモール(コエックスモール)の基本データ
住所 ソウル特別市江南区三成洞135-731 B1
電話番号 02-6002-5312
掲示板交通 地下鉄2号線 三成(サムソン)駅下車5番・6番出口徒歩約8分

 COEXアクアリウムの基本データ
住所 COEXモール内
電話番号 02-6002-6200

 ディープブルーの基本データ
住所 COEXモール内
電話番号 02-6002-6199

 キムチ博物館の基本データ
住所 COEXモール内
電話番号 02-6002-6456

TOPへ

Kライター:高美


COEXモール63(ユクサム)ビルディングセントラルシティーテクノマート

copyright (c) 1999-2003 K-PLAZA.com ALL rights reserved
当サイトについてへ 会社概要へ プレスリリースへ マスコミ掲載履歴へ 広告クライアント様ログインへ アフィリエイトパートナーログインへ お問い合わせへ 韓国コーディネイト、韓国ガイド相談へ