韓国情報サイト/K-PLAZA.com
マイページ おしゃべり掲示板
エリア グルメ 韓国ホテル予約 お買い物 スポット 韓国旅行の知識 韓国の生活・文化 韓国芸能情報 オンライン販売
カテゴリー
韓国芸能ニュース
韓国ドラマ情報
韓国映画情報
韓国音楽ランキング
韓国芸能人
   プロフィール
インタビュー/会見
テレビ/映画情報
Kスタッフコラム
韓国関連通信販売
韓国ドラマ/音楽DVD
韓国音楽CD
ドラマのサントラ
ドラマ関連グッズなど
日韓韓日電子辞書など
高麗人参
韓国雑誌、書籍



韓国芸能ニュース
Rain(ピ)&イム・スジョンの映画始動へ <2006-3-23>

Rain(ピ)ことチョン・ジフンのスクリーンデビュー作「サイボーグだけど大丈夫?(原題)」のキャストの顔合わせと台本読みが、先日映画製作社の事務所で行われた。

オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」のパク・チャヌク監督が引き受けたことでも話題が集まっているこの作品は、自分のことを“戦闘用サイボーグ”だと思っている女性と、深刻なぐらい社会に適応できない男性との、精神病院での出会いを描いたストーリー。そのヒロイン役には、「ごめん、愛してる」「アメノナカノ青空」のイム・スジョンがキャスティングされた。

チョン・ジフンは今までドラマ「サンドゥ、学校へ行こう!」、「フルハウス」、「このろくでなしの愛」で、さまざまな表情を見せて演技の幅を広げてきた。一方、イム・スジョンも「ごめん、愛してる」以降一気に人気を集め、昨年「サッドムービー」では涙の演技で実力をみせ、そして今年夏公開の映画「角砂糖」では主演の座もつかんだ。その人気も実力も兼ね揃えたふたりが、パク・チャヌク監督の下で作品を撮るということで期待が一層高まっている。

この日、出演者は初顔合わせに少しよそよそしい雰囲気にもなったが、3〜4時間台本を練習したあと、食事をとって交流し和やかに一日を終えたという。今年一番の話題作「サイボーグだけど大丈夫?(原題)」は、今月末から撮影が始まる。

関連商品
Rain(ピ)関連商品
イム・スジョン関連商品
関連掲示板
K-POP/映画/芸能
韓国での報道リソースや関係者からの情報を元に記事を掲載しておりますが、正確な数値や事実関係が若干異なる場合もありえます。ご了承下さい。
芸能ニュース一覧に戻る


copyright (c) 1999-2003 K-PLAZA.com ALL rights reserved
当サイトについてへ 会社概要へ プレスリリースへ マスコミ掲載履歴へ 広告クライアント様ログインへ アフィリエイトパートナーログインへ お問い合わせへ 韓国コーディネイト、韓国ガイド相談へ