韓国情報サイト/K-PLAZA.com
マイページ おしゃべり掲示板
エリア グルメ 韓国ホテル予約 お買い物 スポット 韓国旅行の知識 韓国の生活・文化 韓国芸能情報 オンライン販売
  韓国映画情報
 >> 韓国映画情報トップへ
私の生涯で一番美しい一週間
私の頭の中の消しゴム
われらの歪んだ英雄






韓国映画情報 > わ行
イントロダクション あらすじ プロダクションノート
キャスト スタッフ  

私の頭の中の消しゴム
>> INTRODUCTION
死より切ない別れがある。

恋に落ちて、結ばれて。

私の頭の中の消しゴムそんな幸せなふたりの前に、彼女の記憶が消えていくという悲劇がたちはだかる。愛する人は目の前にいるのに、手を伸ばせばそこにいるのに、まるで見知らぬ人のように、自分が忘れ去られていく絶望。そして、愛を忘れたくないと願いながらも、自分の中の記憶がまっ白に消されていく恐怖。別れでもなく、死でもなく、忘却によって愛が終わっていく・・・。
この物語には、数々の記憶すべき愛の瞬間がある。最初のキスの柔らな感覚。愛する人が初めて「愛してる」と言った時の吐息。それは幻想的で、強烈にきらめく。しかしその瞬間が大切であればあるほど、その記憶を失っていくこと、そしてまた、その記憶だけに生きていくことは、痛ましい。愛の面影を必死に求める女と、愛の記憶に生きる決心をする男の姿は、生きている喜びと記憶の尊さを実感させ、かつてない心からの感情を呼び覚ます。

“私の頭の中の消しゴム”、彼だけは消さないで…。
「もう優しくしなくていいよ。どうせ忘れちゃうから。」
「俺が覚えていてあげるよ。俺は君の記憶で、君の魂なんだ。」
「すべての記憶の中で最後まで残っているものが、あなたとの想い出でありますように。」

忘れられないセリフと、どこまでも美しいシーンの数々。そして男と女のリアルな距離感を創り出すのは、圧倒的な存在感を誇り、他の追随を許さない韓国映画界のカリスマ俳優チョン・ウソンと、完璧な美貌と才能としか言いようのない演技力を持つ、新たなラブストーリーの女王ソン・イェジンである。2004年11月、韓国で3週連続NO.1という大ヒットを記録した本作は、韓国映画界のラブストーリーを新たな次元に導き、世界中の人々の心に涙の落ちる音を響かせる。

愛することの意味、究極の愛のかたち。そして希望が、かすかに絶望に打ち勝つエンディング。今いちばん新しくて、クラシックな愛の物語がここにある。

>> STORY
ピュアでまっすぐなお嬢様と、ひねくれ者の大工が出会い、そして恋に落ちる。
私の頭の中の消しゴム工事現場で働く無愛想な大工チョルスと、おっちょこちょいだが純粋な社長令嬢スジン。住む世界の違う2人が、コンビニでの思わぬハプニングで出会い、まっすぐに恋に落ちる。2人の運命を象徴する出会い、そして屋台での幻想的なキスシーン。愛を信じず独りで生きてきたチョルスは、スジンの愛に戸惑いながらも、彼女のピュアな気持ちから、人を愛すること、許すこと、そして信じることを覚えていく。

建築家として活動を始める夫と、才能あるファッションデザイナーの妻。夫のお弁当にご飯だけを2つ包んでしまったり、自分の家さえ探せずに道に迷ってしまったりするような彼女の物忘れさえ、しっかり者の夫には愛おしい。目が眩むほど幸せな、新婚の日々。

私の頭の中には、消しゴムがあるんだって・・・。
大したことではないと思っていたスジンの物忘れが深刻になっていったのは、それから間もなくのこと。不安を覚え、医者を訪れたスジンが宣告された言葉は「若年性アルツハイマー」。肉体的な死より精神的な死が先に訪れる病。「私の頭の中には、消しゴムがあるんだって。もう優しくしないでいいよ。どうせ全部忘れちゃうから。」「俺が全部覚えておくよ。俺が君の記憶、君の心になるから。」

この日から、失われていく記憶をつなぎ止めるための2人の闘いが始まる。チョルスは少しでも彼女を支えるため家中に何枚ものメモを貼り巡らせるが、彼女の記憶はどんどんこぼれていく。家族が誰なのか、自分が誰なのかすら分からなくなり、遂にはチョルスの目を見つめ、昔の恋人の名で「愛してる」と微笑むスジン。なす術のない絶望に心を乱されながらも、彼女を見守っていこうというチョルスの気持ちは揺らがない。
仕事と看病に追われる日々・・・。

彼女に言わなければならないことがある。それを伝えなかったら、俺の人生には何の意味もない。
私の頭の中の消しゴムそしてある日、仕事から戻ったチョルスが目にしたのは、スジンのいない空っぽの家と、1通の置き手紙。
「あなたは今、泣いているでしょう? チョルス・・・愛するチョルス。記憶が残っているこの短い間に、どうしたら私の気持ちを伝えることができるでしょう。私はあなた、チェ・チョルスだけを愛しています。これだけは忘れたくない。忘れちゃいけないのに。私の記憶を奪っていくこの病気が、あなたの記憶だけは残してくれますように。それが叶わないなら、どうか、消えていく記憶の中で最後まで残っているのが、あなたと過ごした日々でありますように。」

手紙を読んだチョルスは、ひとつの決意をする。
そして、映画は忘れられない幻想的な終章へ。


>> PLODUCTION NOTES
ラブロマンスのクラシックとして新しく記憶される美しい映画。

制作者全員が惚れ込んで作り上げた、最高品質のラブストーリー

『私の頭の中の消しゴム』のシナリオは最高傑作だと、主演のチョン・ウソンは語る。「シナリオを読んでとにかく感動を受けた。私がこのシナリオをもらったのがある日の午後2時くらいで、読み終わったのが夜8時。それからすぐに、知り合いでもある監督に会いに行ったんです。それは出演したいと言うためにではなく、このような素晴らしい作品を完成させたことに『おめでとう』というメッセージを伝えたくて。会ってワインで乾杯して、この映画について語り合って・・・夜中の1時頃には出演を決めていました。シナリオを手にしてから12時間たらずのうちにね。」

私の頭の中の消しゴムまた、今回プロデューサーを務める、韓国有数の製作会社サイダス代表チャ・スンジェは、シナリオを読み飛行機の中で涙をこぼし、すぐに本作の製作を決断。脚色に加わった小説家キム・ヨンハ(ハン・ソッキュ主演『スカーレットレター』原作者)も、韓国では滅多に見ることのできない成熟したラブロマンスだと絶賛している。

撮影中には、チョン・ウソンが泣く予定ではない場面で涙が溢れてしまい撮影が遅延されたり、ソン・イェジンの夫すら記憶できなくなった自分の状況を悟ったりする瞬間の演技に、スタッフが涙するというエピソードもあったという。『私の頭の中の消しゴム』は、制作者全員が惚れ込んで作り上げた、最高品質のラブストーリーである。

監督は語る
「お涙頂戴の映画ではなく、観客の心に涙の落ちる音が響くような映画が作りたかった。その涙の音が、私たちの日常生活の一秒一秒を大切に楽しく生きる糧になってくれれば嬉しい。観客を泣かせるために誰かを殺すような考え方は嫌いです。忘れ去られていく悲しみは、死そのものよりも悲しいだろうと思い、記憶の喪失をテーマに使いました。」

「アルツハイマーで何故死ぬのか、その正確な死因は不明です。だから、生きなければいけない意志が喪失する、私はそう解釈しました。自発的ではなく、体が自分も知らないうちに生きようとする意志を喪失していくのではないか。やるせないのは治療法がないことです。」
「この映画は、記憶に生きる決心をした男と、記憶を失いたくない女との、愛の物語だと言えるでしょう。 記憶が不思議なのは、記憶は自発的に消すことができない。それに、ふと出てくるのが記憶でしょ。私達は、記憶を頭の中 にたくさん貯蔵しなければいけないけど、記憶をコントロールすることはできないじゃないですか。 」

「2人の俳優とは悲しみと傷みの感情を共有しました。彼らは集中力と想像力に溢れ、役柄や場面の理解は完璧でした。また、大きく感情が高まるシーンでは演技を絶対に中断させないように細心の注意を払いました。」

「この映画は『カサブランカ』のようなクラシックなイメージで残ってほしいです。10年後に、『私の頭の中の消しゴム』という美しく哀しい映画があったな・・・と思い出してもらいたいです。」

-アルツハイマー病とは-
私の頭の中の消しゴム進行性の脳疾患で、記憶力と言語力、そして時間と空間を認識する能力が徐々に低下し、やがて一人で自分の面倒もみられなくなる病。1906年ドイツの医者アロイス・アルツハイマーによって初めて報告されたこの病気は、多くの場合は60代以上で発病するが、40代〜50代で発病するケースも全体の数%ほどある。65歳以前に発病するアルツハイマー病は「初老期(若年性)アルツハイマー病」や「初老期(若年性)認知症」とも呼ばれ、65歳以上の場合より進行が早く重症であることが多い。初老期(若年性)アルツハイマー病は日本では推定数万人いると言われる。遺伝性のアルツハイマー病の数は非常に少ないが、発病年齢が若い傾向があり、30代で発病することもある。誰も気付かないうちに始まり、徐々に進行。初期は日にち、場所などの記憶がなくなり、やがて歯を磨く、靴を履くというような日常生活がうまくできなくなる。進行すると被害妄想に陥ったり、感情的に荒廃したりすることが多い。発病後、死に至る期間は6〜8年程度だが、20年以上生存する場合もある。アルツハイマー病の原因については正確には解明されておらず、根本的な治療法はまだ開発が進められている段階である。また時間的に近い記憶から失われるケースが多く、本作でスジンが昔の彼氏の名前で愛を告げるのは、このためである。

イントロダクション あらすじ プロダクションノート
キャスト スタッフ  

 
DATA
【CAST】
可憐で初々しい容姿と卓越した演技力をもつ、韓国ラブストーリーの新女王

ソン・イェジン/スジン役
1982年1月11日テグ生まれ。ソウル芸術短期大学在学中の99年、化粧品メーカーのCMでデビュー。TVドラマへの出演で一気に注目を浴び、本格的な映画デビューは、カンヌ国際映画祭監督賞を受賞したイム・グォンテク監督作『酔画仙』(02)。主人公の初恋相手を見事に演じ、国内外に強い印象を与えた。03年にはチャ・テヒョン(『猟奇的な彼女』)主演作『永遠の片想い』に出演。テヒョン演じる恋人とイ・ウンジュ演じる親友との三角関係に悩む少女を演じ、映画評論家協会新人女優賞を受賞。その後『ラブストーリー』(03)では第40回韓国アカデミー賞新人女優賞を受賞した。さらに、「秋の童話」「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督によるTVドラマ「夏の香り」の主演に抜擢。2005年今秋公開のペ・ヨンジュン主演『四月の雪』ではヒロインを務め、チェ・ジウやチョン・ジヒョンに続く“国民的女優”の道を着実に歩んでいると言っても過言ではない。


野性的で骨太な演技と繊細なニュアンスにあふれた表情を併せもつ、
韓国映画界若手ナンバーワンのカリスマ俳優


チョン・ウソン/チョルス役
1973年3月20日ソウル生まれ。CMモデルとしてデビューし、映画デビューは94年の『KUMIHO/千年愛』。アンディ・ラウ、レスリー・チャンと共演の『上海グランド』(96)では、短い登場ながらもその存在感をアピールし話題に。続いて97年の『ビート』ではアウトサイダー的に生きる高校生を演じ、第17回映画評論家協会賞新人男優賞を受賞。『太陽はない』(98)のパンチドランカーのボクサー役や、『ユリョン』(99)の海軍エリート将校役を経て、01年『MUSA -武士-』では韓国の国民的俳優アン・ソンギやチャン・ツィイーと共演。野性的で骨太な演技で高い評価を得た。初期に出演した2本のTVドラマ以降は一貫して映画の道を歩んでおり、作品ごとに違うイメージや演技をとことん追及する、人気・実力共に韓国映画界若手No.1の演技派俳優だ。その他の出演作には、クリストファー・ドイルが撮影監督を務めた『モーテルカクタス』(97)、『ラブ』(99)、『マット・ボーイ』(03)など、待機作には『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ監督作、チョン・ジヒョン共演の『デイジー』などがある。

【STAFF】
イ・ジェハン/監督・脚本
1971年ソウル生まれ。12歳で米国に移住。15歳から短編映画を作り始め、ニューヨーク大学で映画を専攻。短編映画を40本余り制作する。98年、自ら脚本も担当し、ニューヨークに住むアジア系移民の孤独や挫折、そしてアメリカ下層社会で少数派民族が生きていく難しさを描いた『The Cut Runs Deep』(未)で長編監督デビュー。ミュージックビデオの演出も数多く手がけており、BoA「ID:Peace B」(00)、リナ・パーク「You Mean Everything To Me」(00)といった作品がある。

製作:チャ・スンジェ
撮影:イ・ジュンギュ
音楽:キム・テウォン
編集:ハム・ソンウォン

10月22日より、有楽町・丸の内ピカデリー1、渋谷ピカデリーほか全国にてロードショー!

2004年/韓国映画/カラー/シネマスコープ/ドルビーSR.ドルビーデジタル/117分
提供:ギャガ・コミュニケーションズ ジェネオンエンタテインメント 読売テレビ 小学館 デジタルハリウッド・エンタテインメント ぴあ 
配給:ギャガ・コミュニケーションズ powered byヒューマックスシネマ
原作:テレビドラマ「Pure Soul〜君が僕を忘れても〜」(2001年読売テレビ制作)
(c)2004CJEntertainment Inc.&Sidus Pictures Corporation.All rights reserved.

関連商品:
私の頭の中の消しゴムDVD(韓国版)
私の頭の中の消しゴムメイキングDVD
私の頭の中の消しゴムOST

 








copyright (c) 1999-2003 K-PLAZA.com ALL rights reserved
当サイトについてへ 会社概要へ プレスリリースへ マスコミ掲載履歴へ 広告クライアント様ログインへ アフィリエイトパートナーログインへ お問い合わせへ 韓国コーディネイト、韓国ガイド相談へ