韓国情報サイト/K-PLAZA.com
マイページ おしゃべり掲示板
エリア グルメ 韓国ホテル予約 お買い物 スポット 韓国旅行の知識 韓国の生活・文化 韓国芸能情報 オンライン販売
  韓国映画情報
 >> 韓国映画情報トップへ
吸血刑事ナ・ドヨル
救世主
クライング・フィスト
強力3班
君は僕の運命
家門の危機
刑事Duelist
このまま死ねるか
カツラ
クリス ローマ神話〜オリンポス ガディオン〜
彼女を信じないでください
子猫をお願い
海岸線
KT
ガソリンスタンド襲撃事件
神様こんにちは
カラ
キルソドム
銀馬将軍はこなかった
九老アリラン






韓国映画情報 > か行
 
イントロダクション イントロダクション キャスト
スタッフ 来日記者会見レポート  
クライング・フィスト

クライング・フィスト場面写真>>INTRODUCTION
リングの上の戦いに泣けるワケじゃない。 ふたりの男がリングに上がるまでのその <想い>に、 キズだらけのその拳でつかみとる、その <希望>に、涙がとまらない。 男も泣ける、最上級の人間ドラマがここにある!!!

かつてはアジア大会の銀メダリストとして名を馳せた人気ボクサーのカン・テシク(チェ・ミンシク)。しかし事業に失敗、莫大な借金を抱えてしまう。生きるためには、「殴られ屋」として街頭に立つしかなかった。魂の拠りどころだった銀メダルも借金の方に取られ、夢もプライドも失った彼に、追い討ちをかけるように妻が離婚を要求。妻に未練はなかったが、最愛の息子との別離だけは耐えられなかった。後遺症とアルコールで朦朧とするテシクの目に「新人王戦」のポスターが焼きつく。

ケンカとカツアゲの荒んだ毎日を送る、19歳のユ・サンファン(リュ・スンボム)。行き着いた先は少年院。そこでも問題を起こした彼を、刑務主任はボクシング部へと誘う。やりたいことも、なりたいものもなかった彼は、初めて自分にも何かができるという意志と喜びを得る。だが建設現場で働く父が事故死し、祖母も病に倒れてしまう。生まれて初めて家族のために何かをしたい、という思いに駆られたサンファンは「新人王戦」でトップに立つ、と心に決める。

クライング・フィスト場面写真大切にしていたもの全てを失い、路上に投げ出された男と、誰かを愛することさえ知らぬまま、投獄された若者。引退した40代のボクサーと新人の10代のボクサー。まるで2本の映画を見ているかのように、一瞬の交錯シーンさえもなく、対照的なふたりの人生がパラレルに描かれる。そして迎えるクライマックス、わずか7メートル四方の白いリングで、己の生き様を賭けた男ふたりの拳が激突する。 ふたりの間に会話はない。理由も知らない。憎しみもない。だが、絶対に勝たなくてはならい、それぞれの事情を抱えた男たち。愛する者のために。失ったものを取り戻すために。そして何よりも、自分の人生をその手に取りもどすために。

最後のプライドまで踏みつけにされた男の哀しさを宿したカン・テシクに『シュリ』『オールド・ボーイ』の超実力派俳優、チェ・ミンシク。無軌道に、衝動的に転落していくユ・サンファンに、ストリート感覚と飄々としたユーモアを併せ持つリュ・スンボム。ミンシクをして「いつか必ず共演したかった」と言わしめた若手俳優は「いまどきの若者」特有の無気力感と、一転して真摯にボクシングに打ち込むその落差を完璧に体現、大先輩ミンシクとのコラボレートは、あらゆる世代に支持されるリアルな物語を紡ぎだした。 このふたりをここまで本気にさせた監督は、ジャッキー・チェン、ジョン・ウー、サム・ペキンパー、そして北野武を見て育ったというリュ・スンワン監督。アウトサイダーをビビッドに描いた『ダイ・バッド/死ぬか、もしくは悪になるか』(00.未)でインディペンデント・シーンから一挙にメジャーに駆け上がり、長編4作目にしてカンヌ国際映画祭の評論家たちをねじ伏せた大注目株である。
クライマックスのボクシング・シーン、このチームは映画的な段取りを拒否。演じる役者ですら試合の行方が予想できなかったと語るそのストイックなガチンコ勝負は、見る者全ての"感動中枢"を直撃。 <泣拳>が、魂を鷲づかみにする!

クライング・フィスト場面写真>>STORY
ROUND OF カン・テシク
「"殴られ屋" 男性1分 女性2分 1万ウォン」という手書きのポスターを手にした中年の男。1990年のアジア大会の銀メダリストとして名をはせた人気ボクサー、カン・テシク(チェ・ミンシク)の落ちぶれ果てた姿だ。引退後に経営していた工場が火災にあった上に違法建築だと叩かれ、後輩のウォンテ(イム・ウォニ)に貸した保証金も踏み倒されてしまう。「俺は必ず再起する」と強がりを言うが、妻(ソ・ヘリン)は「そのセリフは聞き飽きた」と吐き捨て、息子ソジン(イ・ジュング)を連れて出て行ってしまった。莫大な借金を背負い、家も家族も失ったテシクができる唯一のこと、それが殴られ屋だった。
殴られ屋稼業がTVで紹介される。やってきたのは野次馬と借金取り。最後のよりどころだった銀メダルまでも借金の形に取られてしまう。そんな悲惨な日々を送るテシクの前に、息子のソジンが「学校の"パパの授業"でお話をしてほしい」と頼みにくる。小学生を前に張り切って人生論を語り始めたテシクだが用意してきた原稿の文字が読めない。しどろもどろになり、黒板の字さえまともに書けない父親に失望するソジン。苛酷な稼業のダメージが視力も記憶力も奪っていたのだ。追い討ちをかけるように妻が再婚話を告げる。---最愛の息子にも会えなくなる---。だらしなく泥酔するテシクを見て、同情的だったソバ屋の主人(チョン・ホジン)は「ワケありの人生を送っているのはお前だけじゃない」とハードな一発をテシクの腹に見舞う。身も心もボロボロになり、酒でもうろうとするテシクの目に「新人王戦」のポスターが焼きつく。ウォンテと二人三脚の、必死のトレーニングが始まった。ジョージ・フォアマンは45歳でチャンピオンになった。俺はまだ40になったばかりだ...。

クライング・フィスト場面写真ROUND OF ユ・サンファン
喧嘩とカツアゲの荒んだ日々を送るサンファン、19歳。警察にやっかいになる度に、父親(キ・ジュボン)が頭を下げてひきとりにくる。ある日大きな喧嘩に巻き込まれ、示談金が必要になったサンファンは高利貸しの老人を襲って金を奪おうとするが失敗、現行犯逮捕されてしまう。少年院に送られた直後に早くも問題を起こし、独房で鬱屈するエネルギーを持て余すサンファンに、刑務主任が声をかける。連れて行かれたのはボクシング部だった。「工場では問題を起こしそうだし、負けん気だけは人一倍だ」とパクコーチ(ピョン・ヒボン)に引き渡されたが、「読め」と命じられたボクシング部の規則から目をそむけるサンファン。字さえ読めないのだ。そんなサンファンを先輩のクォルロク(キム・スヒョン)が挑発する。初日に食堂でケンカを売ってきた相手だ。闘志をむき出しに殴りかかっていくが、簡単にマットに沈められてしまう。ケンカとボクシングはまったく違う、と初めて気づいたサンファンは新人としてトイレ掃除からスタートを切ることになった。
そんなある日、建設現場で働いていた父親が事故死したという知らせにショックを受けるサンファン。残された祖母(ナ・ムニ)もまた、過労と心労が重なって倒れてしまった。ボクシングの試合に出る、という特例の許可で祖母を見舞うが、病院にいる祖母の意識は混濁し、孫の顔さえわからなくなっている。「うちの孫はカナダで大成功をしているんだよ」と話す祖母を見て、サンファンは密かに決意を固める。新人王戦に出たい、というサンファンにパクコーチの本気のトレーニングが始まった。「新人王戦が問題じゃない。俺がボクシングを教えるのは選手じゃなくて一人前の人間を育てるためだ」―――


LAST ROUND
新人王戦の予選が始まった。かつての実力を見せつけ、次々と相手を倒すテシク。全試合をノックアウトで勝ち進んでいくサンファン。ついに決勝ラウンドへ進んだふたり。全てを失い、己の誇りを取り戻すために戦うテシク。家族のために立ち上がり、その愛に気づいたサンファン。テクニックのテシク。若さとスピードのサンファン。母親の制止を振り切ってソジンが会場に駆けつける。突然何かを思い出したように、足腰をシャンとさせた祖母もまた、孫の試合会場にたどり着く。
人生を賭けた、たった一度の対決が始まる----。


 
DATA

【CAST】
チェ・ミンシク/テシク役
1962年4月27日生まれ。高校在学中に研究生として劇団"プリ"に所属。東国大学演劇映画科卒業後、'82年に本格的に俳優の道に進む。'89年『九老アリラン』の教師役でスクリーン・デビューし、ドラマ「野望の歳月」大学の一年後輩のハン・ソッキュと共演した「ソウルの月」などで広く人気を集めていった。一時期、映画やドラマから遠ざかっていたが、'97年に『ナンバー・スリーNo.3』の過激な検事役で再び注目され、観客動員記録を塗り替え韓国映画のエネルギーを海外にも見せつけた『シュリ』で、特殊部隊隊長役を演じ強烈な印象を残す。その後『酔画仙』、『ラブ・レター〜パイランより〜』などに主演し、韓国映画を代表するトッブ俳優の地位を確固たるものにする。舞台、映画で積み上げた演技力はもとより、人物に成りきるための徹底した役作りは有名で、『酔画仙』で書画を、『春が来れば』でトランペットをプロ顔負けの腕前になるまで学んでいる。若い時にはスポーツをする余裕もなかったそうだが、40歳を過ぎてから『オールド・ボーイ』で減量とアクションのためにボクシングを始め、さらに本作のために、現役ボクサー並みの厳しいトレーニングと食事管理を自らに課した。
フィルモグラフィー
『親切なクムジャさん』(05)、『春が来れば』(04)、『オールド・ボーイ』(03)、『ブラザー・フッド』(03)、『酔画仙』(02)、『ラブ・レター〜パイランより〜』(01)、『ハッピー・エンド』(99)、『シュリ』(99)、『クワイエット・ファミリー』(98)、「ナンバー・スリーNo.3」(97V)、『我らの歪んだ英雄』(92)、『九老アリラン』(89)

リュ・スンボム/サンファン役
1980年8月9日生まれ。高校を中退しクラブでDJをしていた時に、実兄リュ・スンワン監督が撮っていた低予算映画「ダイ・バッド、死ぬか、もしくは悪(ワル)になるか」に出演。それまで演技経験など全くなかったが、"ありのままのお前、普段どおりにやってくれればいい"という兄の演技指導で、街を彷徨していた時代の自分をリアルに表現した。この作品が若い世代を中心に爆発的な人気を呼んで、スンボムは大鐘賞新人男優賞、兄は青龍賞新人監督賞受賞と、一躍リュ兄弟は映画界の寵児となる。以後、兄スンワン監督作品にとって絶対に欠かすことのできない俳優となる一方、イム・スルレ監督の「ワイキキ・ブラザース」、チョ・クンシク監督の「品行ゼロ」やキム・ソンス監督の「BACK」などにも出演。イ・ミスクと共演したドラマ「孤独」で切ない健気な役で演技の幅を広げ、アニメーション「アチとシバック」に声優として参加。またプライベートではストリート系ファッションのカリスマ的存在でもある。本作ではドレッド・ヘアを見せるとともに、熱狂的ファンだったチェ・ミンシクと共演で一層役作りに闘志を燃やし、祖母に育てられた自らの経験を生かした繊細な演技も見せている。

フィルモグラフィー
『野獣と美女』(05)、『ARAHAN/アラハン』(04)、ドラマ「日の光こぼれ落ちる」(04未)、『品行ゼロ』(02V)、「ムッチマ・ファミリー」(02未)、ドラマ「孤独」(02未)、『復讐者に憐れみを』(01)、「血も涙もなく」(01未)、「ワイキキ・ブラザース」(01映画祭)、ドラマ「華麗なる時代」(01)、「ダイ・バッド 死ぬか、もしくは悪(ワル)になるか」(00V)、「タジマワ Lee」(00 未)

イム・ウォニ/ウォンテ役
ピョン・ヒボン/パクコーチ役
ナ・ムニ/サンファンの祖母
キ・ジュボン/サンファンの父
チョン・ホジン/サンチョル
アン・ギルガン/刑務主任


【STAFF】
監督:リュ・スンワン
撮影:チョ・ヨンギュ
照明:チョン・ソンチョル
音楽:パン・ジュンソク
美術:パク・イリョン

「クライング・フィスト」
2005年/35o/韓国/カラー/シネスコ/SRD/120分/英題CRYING FIST
4月GWより渋谷アミューズCQN/新宿武蔵野館ほか全国順次公開








copyright (c) 1999-2003 K-PLAZA.com ALL rights reserved
当サイトについてへ 会社概要へ プレスリリースへ マスコミ掲載履歴へ 広告クライアント様ログインへ アフィリエイトパートナーログインへ お問い合わせへ 韓国コーディネイト、韓国ガイド相談へ